スタッフ

監督

  • staff2015_165_logo_murasaki
    役職 総監督
    氏名 尾坂雄右(おさかゆうすけ)
    55歳
    備考 青森県黒石市出身。青森県立弘前工業高校3年時にインターハイ団体優勝、個人準優勝、第32回青森あすなろ国体にて優勝。国士舘大時代は全日本学生選手権大会個人総合2連覇、全日本新体操選手権大会個人優勝を果たす。そして、昭和57年青森山田高校新体操部を創部し、7度のインターハイ優勝、全国選抜6度優勝、国民体育大会1度優勝、そして全日本選手権大会では高校生では最高順位である団体準優勝に導く。現在、青森山田高校教諭。体操部総監督(体操競技、新体操含む)、平成25年度、青森県より「青森県褒章」を受賞。

監督

  • staff2015_181_logo_2_murasaki
    役職 監督
    氏名 荒川栄(あらかわさかえ)
    41歳
    備考 青森山田高等学校男子新体操部監督。1973年生まれ。青森県八戸市出身。青森山田高校3年時に主将として全国高校選抜、インターハイ、国体の全国大会3冠を達成。その後、国士舘大学へ進学し、全日本学生選手権個人総合で前人未到の3連覇を達成。大学卒業後、岩手県の女子高校の非常勤講師になると同時に、滝沢南中学校の体操部コーチを務め る。その後、96年に新体操部が新設された盛岡市立高校に赴任し、男子新体操部を創部6年で全国制覇に導く。2003年4月、母校である青森山田高校・男 子新体操部監督に就任。12年間で団体11度、個人5度の全国優勝を遂げる。現在は指導と同時に新体操を世界に広める為の様々な活動を仕掛け、その一 環として世界初の新体操とダンスを融合させたプロユニット「BLUE TOKYO」のプロデュースを行っている。さらに、今年1月には青森山田高校、青森大学、そしてBLUE TOKYOとBLUE TOKYO KIDSで舞台「BLUE」を開催し、1回公演2,000人を完売させ成功を収めた。2014年2月7・8日「BLUE VOL.2」では3回講演3000人を集めた。そして、2015年1月24・25日「BLUE VOL.3」の開催決定。そして、真冬の豪雪青森に来場者6,000人動員を目標に「製作中」。・著書「新体操ボーイズ~熱血先生、愛と涙の青春奮闘記~」(発行所 株式会社青志社)

ヘッドコーチ

  • staff2015_225_logo_murasaki
    役職 ヘッドコーチ
    氏名 谷 俊太朗(たにしゅんたろう)
    21歳
    備考 愛知県出身。青森山田高等学校、青森大学男子新体操部へ。全日本学生新体操選手権大会団体総合優勝(2011.2012.2013.2014)、全日本新体操選手権大会団体優勝(2011.2012.2014)を果たす。2015年4月より青森山田高校男子新体操部コーチとなる。

コーチ

  • blue_tokyo_20150112_0926
    役職 コーチ
    氏名 松田陽樹(まつだはるき)
    23歳
    備考 青森県八戸市出身。青森山田高等学校時に2008年全国高校選抜団体の部準優勝、2008年全国高校総合体育大会団体の部第3位、2008年全国国民体育大会総合準優勝。その後、青森大学に進学し、大学時代は2012年東日本学生新体操選手権大会個人総合優勝、2012年全日本新体操選手権大会個人優勝を果たす。そして現在、男子新体操のプロチームBLUE TOKYO所属。2014年10月より青森山田高校男子新体操部コーチ。