サクセス

「青森山田高等学校 男子新体操部」

 
活動内容
昭和42年に体操の同好会からスタート。男子新体操部は昭和57年に尾坂雄右(現総監督)の就任とともに設けられ、以来34年間で28回の団体全国優勝、15回の個人全国優勝という実績がある。 その基本理念は、あくまでも部活動にかける純粋な心を持ち続け、常に感謝を忘れず耐えて練り上げる心の成長を追求することにある。 それは前総監督平野昌宏先生の教えである「なんでも練習」 「耐える心 強い気持ち」 のもと形成された理念である。 そして2002年から二代目監督に就任した荒川栄はこれまでの伝統に加え男子新体操を世界のスポーツにするべく「追求心」と「進化」を掲げ新しい体操の構築に取り組んでいる。
 
活動時間
平日14:00~18:00(4時間)土日・祝日9:00~13:00(4時間)毎週月曜日 休み
 
活動場所
青森山田学園国際卓球センター 〒030-0123 青森市大矢沢里見111-1
 
人数
スタッフ3名(総監督1名・外部監督1名・外部コーチ1名) 選手19名
 
活動成績(全国大会優勝)

■全国高等学校総合体育大会・全国高等学校新体操選手権大会(団体)

  • 昭和63年優勝
  • 平成2年優勝
  • 平成3年優勝
  • 平成4年優勝
  • 平成6年優勝
  • 平成7年優勝
  • 平成12年優勝
  • 平成16年優勝
  • 平成21年優勝
  • 平成24年優勝
  • 平成27年優勝

■全国高等学校新体操選抜大会(団体)

  • 昭和63年優勝
  • 平成2年優勝
  • 平成3年優勝
  • 平成6年優勝
  • 平成7年優勝
  • 平成12年優勝
  • 平成16年優勝
  • 平成17年優勝
  • 平成18年優勝
  • 平成19年優勝
  • 平成22年優勝

■国民体育大会体操競技新体操部門

  • 平成 2年青森県(青森山田単独チーム)優勝
  • 平成18年青森県(青森山田単独チーム)優勝
  • 平成19年青森県(青森山田単独チーム)優勝
  • 平成20年大分国体を最後に男子休止

■全日本ユース団体選手権大会(団体)

  • 平成22年優勝
  • 平成23年優勝
  • 平成27年優勝
 
その他

■全日本新体操選手権大会(団体決勝進出)

  • 平成 2年準優勝
  • 平成 3年第3位
  • 平成 4年第3位
  • 平成 7年第4位
  • 平成10年第5位
  • 平成16年第3位
  • 平成17年第3位
  • 平成18年第4位
  • 平成19年第8位
  • 平成20年第5位
  • 平成21年第4位
  • 平成22年予選敗退
  • 平成23年第5位
  • 平成24年第5位
  • 平成25年第5位
  • 平成27年第4位